Call US - 214 - 2547 - 142

Try looking in the monthly archives. 1月 2016

Post Image

脱毛サロンを利用する上で不便だったり良くない点

脱毛サロンを利用する上で不便だったり良くない点を挙げますと、一番大きいのはやはりそれなりの費用が掛かるということでしょうか。 市販の脱毛用グッズで自己処理に挑戦するより、ずっと高い料金になる場合が大半となっています。 そして、脱毛サロンの利用は予約を取る決まりとなっていますから、そういう煩わしさから通いのモチベーションが低下してしまうことも考えられます。 さらにまた、サロンの施術は脱毛クリニックの医療脱毛よりも効果が多少落ちるということもサロンの弱点だといえるでしょう。 脱毛サロンで勧誘された時の相手への断り方とは、きちんと断ることが大事です。迷っている様子をみせたり、返事をきちんとしないでいると、頻繁に勧誘をうけるかもしれません。 向こうも仕事ですので、期待できそうであれば強引にきます。ただ、以前のような執拗な勧誘はすることがむずかしくなっているため、ものすごく強引に契約を迫られることはないでしょう。脱毛エステにどれくらいの期間がいるのかというと、60日から90日に1回の施術を満足するまで行うので、人によって変わってきます。 6回の施術で満足をすれば、だいたい1年半行くか行かないかぐらいの期間でしょう。 一つの部位で12回程度施術をすれば十分だといわれることが多いので、大体2年半ぐらいは通うことになるでしょう。施術が毛周期に沿ったものでないといけないということで、悲しいですが月一のペースで受けてもあまり結果に結びつかないのです。 脱毛サロンでカウンセリングを受ける時は、質問された内容についてごまかさずにきちんと答えるのが大切です。トラブルがちな肌であったり、アトピー性皮膚炎の方は、脱毛できない可能性もあるのですが、体質を内緒にしていて肌にトラブルが起こったとしたら、困るのは自分自身に他なりません。 尋ねたいことがあるときは尋ねるようにしましょう。脱毛エステに行く前の夜、無駄毛処理を行います。 実際に施術をしてもらうとなると、無駄毛があると施術出来ないので自分で処理します。無駄毛の処理方法はいろいろありますが、負担が軽い、電気シェーバーをよく使います。カミソリを無駄毛処理に使うと、施術直前は、控えてください。 カミソリでかぶれてしまうと、施術をおやすみしなくてはなりません。 脱毛サロンの利用でわきがはましになるのかどうかですが、ワキ毛の消失で雑菌が増えづらくなり、清潔にしておくのが簡単になりますので、軽いワキガなら症状が目立たなくなることはあります。しかしながらワキガ自体を脱毛で根治できるわけもなく、ワキガの症状が重い人にとっては脱毛前と変わらないと感じる場合もあるかもしれません。 医療脱毛と脱毛サロン、それぞれ何が違うかというと医師や看護師がレーザーを使って脱毛することを医療脱毛といいます。 永久脱毛することができます。 また、脱毛サロンでは医療脱毛で使用している照射の光が強力な脱毛機器は使用できないこととなっています。 脱毛サロンは医療脱毛と比較したとき効果では勝てませんが、その分、肌の負担と痛みが減るので医療脱毛より脱毛サロンを選択する方もいるようです。脱毛エステですが、どこを利用したらいいのか考える場合のヒントとしては、料金体系がしっかりしているということが大事なポイントとなります。 それから脱毛できている、という実感がじゅうぶんに感じられて、終わった後のフォロー、つまりアフターケアのあるなしも重要な点です。そして用意されている体験コースを受けてみるなどして、リアルな印象を確認しておくこともとても重要なことです。 候補のお店のいくつかで体験コースを受けて、ここに通いたい、ここが一番いい、と思ったところを選ぶというのがいいでしょう。 脱毛サロンの都合で施術が実行できない場合もあります。 例えば生理中は施術できない可能性があります。 生理中はお肌が敏感な時期でして、施術による肌トラブルを防ぐためです。生理中でも脱毛を行う店もございます。 ですが、アフターケアに時間をかけて怠らずにしっかりとしてください。当たり前のことですが、施術ができない箇所はデリケートゾーンです。 脱毛処理を複数個所に行いたいと希望している人の中には、掛け持ちで脱毛エステに通っている人が少なくないのが事実です。 あちこちの脱毛エステを使うことで、費用が少なくて済むことも多いためです。そうは言っても、掛け持ちで通うのは大変ですし、金額的に有利とも言い切れません。それぞれの料金や施術効果をしっかりと勉強した上で、掛け持ちの甲斐があったと言えるようにしてください。 脱毛ラボの料金プラン
Read More
Post Image

都度払いできる脱毛サロン

都度払いできる脱毛サロンも珍しくなくなってきました。前払いの必要がなく、ローンを組まなくてもよいメリットがありますし、サロン通いが続かなければそのままやめることができるので使い勝手のよいシステムです。 しかし、都度払いの時は割高の料金になるよう調整されていることが多いです。 多少なりとも費用の節約を考えるなら都度払いは避けるべきかもしれません。脱毛サロンの料金システムですが、最近の傾向として月額制のお店も珍しくなくなってきました。 月額制であれば気軽に利用しやすく、額によっては安いと感じる人もいるでしょう。 ただ、一度も通わなかった月の分も当然支払うことになるので、ローンの支払いと違いはなくなるかもしれません。 利用期間や通いの頻度、一回ごとの施術範囲、途中でやめる時の違約金がどうなっているのかなどは確認しておきましょう。 脱毛エステに行って足の脱毛をしてもらうときは料金のプランが明瞭なところを選択するというのが大切です。 それに、施術完了まで何回通えばいいのか、プランの回数が終わっても物足りない場合はどんな措置が取られるのかも、契約前に確認しなければいけません。 足の脱毛では6回くらいのプランが多く作られていますが、人によっては施術が終わった後の肌の状態にあまり満足できないこともあるらしいんです。医療脱毛と脱毛サロン、それぞれ何が違うかというと医療脱毛は、医師や看護師によるレーザーを使った脱毛のことです。 永久脱毛することができます。 それと比べ、脱毛サロンでは医療脱毛で使用する様な照射の際、強力な光の脱毛機器は使用することはできません。 医療脱毛と比較すると効果では勝てませんが、光が弱い分、肌への負担と痛みが軽く済むため医療脱毛より脱毛サロンを選択する方もいるようです。脱毛エステで施術をしてもらった後は、きっちりと自分自身でアフターケアをしておきましょう。 ここは面倒がらずにしっかりケアを行っておくことで、やっかいな肌トラブルの起こる率が減ります。 自分で行うアフターケアについて詳しいやり方はお店のスタッフからしっかり教えてもらえると思いますが、施術を受けた部位を「冷やす」「保湿する」「刺激を避ける」といった点が基本になります。 中でも特に保湿に関してはかなり重要だと言われています。 脱毛サロン利用の短所を考えてみますと、第一に料金のことがあるでしょう。脱毛サロンはそれなりにお金がかかります。 カミソリなどを使って自分で処理するより、高額の出費になる例が多数を占めています。 それにまた、脱毛サロンに通うには日にちと時間の予約を取らなければなりませんので、サロン通いそのものを煩わしく思うようになる例もあるでしょう。 またその上、脱毛クリニックでの施術と比べ威力が弱くて脱毛の効果がはっきり見えるまで時間がかかるのも脱毛サロンがマイナス評価をうけるところかもしれません。 「ムダ毛の悩み」で多くの人が駆け込む脱毛エステのランキングには、大御所エステサロンのTBC、エルセーヌなどの有名どころが名を連ねないことはありません。 なお、ランキングに脱毛サロンを追加したら、ミュゼプラチナムはじめ、銀座カラー、脱毛ラボのようなサロンがトップの方へランキング入りします。 他に、ピュウベッロやキレイモなども高評価です。その中には、希望する脱毛箇所によって分けて入会する方もいます。デリケートゾーンを脱毛しに脱毛サロンに行った時、仕上がりもキレイで、さらに肌トラブルも起こりにくいようです。 しかし、全ての脱毛サロンにおいてデリケートゾーンの脱毛が出来るわけではないので公式サイトをチェックしてみてください。 デリケートゾーンという場所だけに、恥ずかしいと感じる方も少なくないですが、女性同士なので、プロが行う方が自分で行うより安全です。脱毛サロンで施術を受けて脱毛したら、わきがはましになるのかどうかですが、ワキのムダ毛はなくなりますので雑菌が繁殖しづらくなったり、清潔さを保つのが容易になるため、軽いワキガならましになることはあります。しかしワキガ自体を根治できたというわけではなく、ワキガの程度が強い人にとっては前より良くなったと思えない場合もあり得ます。アトピーの人が脱毛エステを訪れて施術を望んだ場合にサービスを受けられるかどうかというと、そのお店にもよりますが、受けられなかったり、「施術を受けても問題ない」という医師による同意書を求められることもあります。容易に目で確認できるほど酷く荒れているなど明らかな炎症が起こっていれば、脱毛はできませんし、するべきではありません。 そして、もし、ステロイドを使用している場合、炎症を起こす可能性もないとは言えませんので、気を付けてください。 脱毛ラボ
Read More